フェンディ(FENDI)と言えば、ダブルFのアイコンで有名ですよね?

私は、昔、「フェンディの財布って、派手なデザインだな~」と思った記憶があります。

しかし、デザイナーのカール・ラガーフィールドが亡くなったからでしょうか?

最近のフェンディは、かなりシックなデザインになったように感じます。

フェンディ(FENDI)と言うブランド

フェンディ(FENDI)は、イタリア・ローマのブランド。

1925年にアドーレ・フェンディとエドアルド・フェンディが「革製品の店」を創立したのが始まりです。

その後、アドーレの5人の娘達がブランドを引き継ぎました。

赤いメガネっ子

女性の経営者が、ずっと続いているようです。

フェンディと言えば「毛皮のコート」

フェンディ人気のキッカケは「毛皮のコート」でした。

創業当時、ハリウッドでは毛皮の襟巻きが流行していました。

そのムーブメントに注目したフェンディは、毛皮のコートを販売して大人気になりました。

赤いメガネっ子

昔のヨーロッパ映画などを見ると、毛皮のコートを羽織ったマダムが良く登場します。

フェンディがその走りだったのかしら?

「ズッカ柄(Zucca)」の誕生

1965年には、「クロエ」のデザイナーだった、あのカール・ラガーフィールドがデザイナーに就任しました。

ラガーフィールドは、毛皮のコートを新しいデザインで提供し、人気を博します。

また、フェンディのブランドアイコン「ダブルF」を、大胆にもコートの表側にデザインしました。

これにより、有名な「ズッカ柄(Zucca)」が誕生しました。

赤いメガネっ子

有名な「F」のロゴの組合わせですね?

バッグ「バゲット」の大ヒット

97年には、創業者3代目にあたるシルヴィア・べントゥリーニ・フェンディが、バッグ「バゲット」を発表します。

バゲットは、その可愛らしさや豊富なバリエーションで、世界中でベストセラーとなりました。

赤いメガネっ子

フランスパンを小脇に抱えているように見えるから「バゲット」と名付けられたそうです。

2001年に「LVMHグループ」の子会社になる

現在、フェンディは、毛皮やバッグだけでなく、

  • 財布
  • 香水
  • アクセサリー

…など、色々なアイテムを幅広く展開しています。

2001年、フェンディは買収され「LVMHグループ」の子会社となっています。




フェンディ(FENDI)の財布の金運

では、フェンディ(FENDI)の財布の金運はどうでしょうか?

ミラクル・ダイス占いで調べてみました。

風水を参考にしつつも、それにとらわれず診断した「オリジナル解説」です。

営業妨害になっては困るので、ネガティブなことは一切書いてありません。

また、ここに書かれていることは、このブランドの財布が持っている力の一断面です。

他にも「色々な力」があることをご承知おきください。

あくまで参考として捉えて頂ければ幸いです。

フェンディ(FENDI)の財布のキーワード

  • 仏の顔も3度
  • 養毛剤
  • 動静を探る
  • 梨の礫(なしのつぶて)の相手から連絡が入る

「逆転力」がある財布!?

Miracle Dice

フェンディの財布には「逆転力」があるように感じます。

逆境にあっても、じっくりと構える胆力があるのでしょう。

そして、時が来れば、一気に事態を好転させるのです。

その力は「金運」だけでなく、「恋愛運」にも効果を及ぼすかもしれません。

逆境にあっても、最後には逆転する

フェンディ(FENDI)には、「仏の顔も3度」というキーワードが出ています。

仏の顔も3度とは、「どんな慈悲深く温厚な人でも無礼を繰り返せば怒る」…という意味です。

どんなことでも、ある程度はガマンするが、それ以上は厳正・非情に対処するというわけです。

Miracle Dice

仏の情けの裏には、閻魔大王の破壊力があります。

金運としては、

逆境にあっても、じっくり、どっしり構え、最後には事態を逆転する

・・・フェンディの財布には、そういう力があるのでしょう。

お金のパワーがじわじわと増す!?

フェンディ(FENDI)には、「養毛剤」というキーワードも出ています。

財運というのは、髪の毛を生やすように、じっくりと育ててゆかねばなりません。

赤いメガネっ子

フェンディの財布には、お金の力をゆっくりじわじわと育む力がありそうですね。

「復縁」する力?

「梨の礫(なしのつぶて)の相手から連絡が入る」というキーワードも出ています。

じっくりと待っていれば、たとえ、今まで関係が途絶えていた相手であっても「縁をつなぐ力」があるようです。

そんなことから、フェンディの財布には復縁の力があるのかもしれませんね。

ブランド財布は「直営店」で購入するのがベスト

海外の老舗ブランドは、さすがに力があります。

日本と違って、お金に対する意欲が大きいのです。

皆さんも「FENDIの財布」で、金運をアップしてみてはいかがでしょう?

ちなみに、コピー商品には力はありません。

「信用できる通販会社」か「直営店」で購入することをオススメします。




赤いメガネっ子

フェンディ(FENDI)以外の「ブランド財布の金運」はこちら!