CELINE(セリーヌ)って、なんだか上品な雰囲気がありますよね?

財布も、シックでステキです。

ですが、同時に、「大人の女性が持つミステリアス」さも持っています。

そんなことから、大人女子から人気が高いのでは?

セリーヌと言うブランド

CELINE(セリーヌ)という言葉は、ギリシャ語で「月」という意味です。

とは言え、セリーヌのブランド名は、月とは関係ありません。

創業者の「セリーヌ・ヴィピアナ」の名前からとられています。

最初は「子供靴」専門店

1945年、セリーヌ・ヴィピアナとリチャード(旦那さん)は、パリに「子供靴専門店」を開きました。

これがパリのご婦人の間で大人気となり、1959年には婦人靴も手がけることになったのです。

そして、1967年にはプレタポルテ(高級既製服)の分野に進出。

晴れて、セリーヌは「トータル・ファッション・ブランド」の仲間入りを果たします。

「ラゲージ」が大ヒット

セリーヌが世界的に有名になったのは、デザイナーのフィービー・ファイロによるところが大きいです。

彼女が手掛けたバッグ「ラゲージ」は、多くのセレブに愛用され、爆発的な人気を博しました。

赤いメガネっ子

オシャレだし、たくさん物が入るし、

「できる女性」のためのバッグですね。

芸能人やモデルにも人気

現在も、

  • ケイティ・ペリー
  • ローラ
  • 梨花

…など、芸能人やモデルも、セリーヌを愛用している人が多いです。

デザイナーがエディ・スリマンへ

今までは、いかにもパリという感じの上品な「セリーヌ」でした。

しかし、2019年からは、デザイナーが「イヴ・サン=ローラン」のディレクターだったエディ・スリマンに変わります。

赤いメガネっ子

アバンギャルドで、ロックな雰囲気もでてきましたね。

この頃から、セリーヌでは、レディースだけでなく「メンズ商品」の展開もされるようになりました。

南青山を中心に、多くの「直営ショップ」を展開

セリーヌは、1987年から、フィナンシエール・アガッシュ社(現LVMH)の傘下にあります。

日本では、南青山を中心に多くの「直営ショップ」を展開。

セレクトショップでの取り扱いも多く、目にすることが多いブランドです。

赤いメガネっ子

上品なだけでなく、しっかりとした「販路」を持っているんですね。

セリーヌ(CELINE)財布の金運

では、セリーヌの財布の金運はどうでしょうか?

ミラクル・ダイス占いで調べてみました。

風水を参考にしつつも、それにとらわれず診断した「オリジナル解説」です。

営業妨害になっては困るので、ネガティブなことは一切書いてありません。

また、ここに書かれていることは、このブランドの財布が持っている力の一断面です。

他にも「色々な力」があることをご承知おきください。

あくまで参考として捉えて頂ければ幸いです。

セリーヌの財布のキーワード

  • 株式を上場する
  • 応用する
  • 多数派工作
  • match-making(マッチメイキング)

「お金を投資させる」ような、魅力と力がある財布

Miracle Dice

セリーヌの財布には、多くの人を動かし「お金を投資させる」ような魅力と力がある。

女性社長はもとより、銀座のママさん、キャリアウーマンなどに良いのでは?

いずれにしろ、お金を集め「自分に有利な状況」を作ってゆく力がある。

投資させる力

セリーヌの財布には、「株式を上場する」「多数派工作」「マッチメイキング」というキーワードが出ています。

  • 株式を上場する=多くの人から広くお金を集める
  • 多数派工作=多くの人に働きかけ、自分に有利な方向に物事を運ぶ
  • マッチメイキング=人と人、物と人などをつなげる力(会社と投資家をつなぐなど)

こんなことから、セリーヌの財布には、「投資させる力」があることがわかります。

多くの人に「自分の価値をアピールし、協力させてしまう」…そういう力があるのでしょう。

赤いメガネっ子

さすが、巨大グループLVMH(モエ・ヘネシー・ルイ・ヴィトン)の一員ですね。

ブランド財布は「直営店」で購入するのがベスト

海外の老舗ブランドは、さすがに力があります。

日本と違って、お金に対する意欲が大きいのです。

皆さんも「CELINEの財布」で、金運をアップしてみてはいかがでしょう?

ちなみに、コピー商品には力はありません。

「信用できる通販会社」か「直営店」で購入することをオススメします。




赤いメガネっ子

セリーヌ以外の「ブランド財布の金運」はこちら!