ルイ・ヴィトンと言えば、「L」と「V」と「花」と「星」をモチーフにしたモノグラムが有名ですよね?

「リッチな素材」と「お洒落なデザイン」で作られたヴィトンの財布・・・

時代を超えて大人気です。

ルイ・ヴィトンと言うブランド

ルイ・ヴィトンは、1854年にフランスで創業されたファッションブランドです。

フランスのスーツケース職人であるルイ・ヴィトンが創業者です。

世界初!積み上げることが可能な「トランク」を開発

そもそも、ルイ・ヴィトンは、「世界初の旅行鞄専門店」だったようです。

昔は、トランクのフタは丸みを帯びていたのですが、ヴィトンは「フタが平らなトランク」を開発しました。

赤いメガネっ子

これにより積み上げることが、可能になったんですね。

その後、このトランクを、各国のセレブがオーダーしたことにより、

ルイ・ヴィトンは名声を獲得してゆきます。

「ダミエ柄」「モノグラム柄」で人気爆発

1888年、ルイ・ヴィトンはコピー商品対策として、

ロゴが入った格子状のデザイン「ダミエ柄」を打ち出します。

このダミエ柄は、日本の「市松模様」をヒントにしたと言われています。

また、ブランド・アイコンである「L」「V」と「花」と「星」を組み合わせた「モノグラム柄」は、

日本の家紋からインスピレーションを受けたと言われています。

これらの柄を使った、バッグや財布が大人気となり、ルイ・ヴィトンは発展してゆきます。

シャンパンメーカーの「モエ・ヘネシー」と合併

1987年、ルイ・ヴィトンは、シャンパンメーカーのモエ・ヘネシーと合併しました。

これにより、LVMH(モエ・ヘネシー・ルイ・ヴィトン)が誕生しました。

その後、LVMHは、クリスチャン・ディオールやフェンディなどの有名ブランドを傘下におさめ、

巨大ブランド企業に成長しました。

デザイナーにマーク・ジェイコブスを起用し、アパレルにも参入

その後、ルイ・ヴィトンは、マーク・ジェイコブスをデザイナーに迎え(1997年~2014年)、

バッグや財布だけでなく「アパレル」にも参入し、今にいたります。

ルイ・ヴィトン財布の金運

では、ルイ・ヴィトンの財布の金運はどうでしょうか?

ミラクル・ダイス占いで調べてみました。

風水を参考にしつつも、それにとらわれず診断した「オリジナル解説」です。

営業妨害になっては困るので、ネガティブなことは一切書いてありません。

また、ここに書かれていることは、このブランドの財布が持っている力の一断面です。

他にも「色々な力」があることをご承知おきください。

あくまで参考として捉えて頂ければ幸いです。

スポンサーリンク



ルイ・ヴィトンの財布のキーワード

  • 執達吏(裁判所の執行官)
  • 図示する

お金を引っ張ってくる力がある財布!

Miracle Dice

お金のありかを察知し、お金を引っ張ってくる力。

また、社会的にも認められ、「公的な力」をも行使することができるようになる。

ルイ・ヴィトンの財布は、図柄の力によって、金運がパワフルになる財布。

強い金運パワーがある財布

「権力」と言えるようなパワーがある

さすがにルイ・ヴィトンの財布は、金運が強いですね。

人気があるのも納得です。

キーワード「執達吏(しったつり)」からは、強引にお金をかっさらう、ほとんど【権力】と言えるような力があることが想像できます。

まあ、「お金持ち」になるには、それ位のパワーがないとダメと言うことですね。

図柄のパワーが金運を高める

また、ルイ・ヴィトンの財布には「図示する」と言うキーワードがあります。

ヴィトンは、モノグラム柄やダミエ柄など、図柄のパワーを有効に使っているのです。

ですので、ルイ・ヴィトンの財布は、パワフルな金運があるのだと思います。

金運の強さは、「品質の良さ」からも来ている

また、ルイ・ヴィトンの財布は、非常に品質が良いです。

とても良い革を使っていて「高級感」があります。

最近は、定番のモノグラム柄だけでなく、センスの良いデザインが豊富に揃っています。

ルイ・ヴィトンの財布の金運の強さは、品質の良さからも来ているのではないか?と思います。




ブランド財布は「直営店」で購入するのがベスト

海外の老舗ブランドは、さすがに力があります。

日本と違って、「お金に対する意欲」が大きいのです。

皆さんも「海外ブランド財布」の力で、金運をアップしてみてはいかがでしょう?

ちなみに、コピー商品には力はありませんのでご注意ください。

信用できる通販会社で購入するか、直営店に足を運んで購入することをオススメします。

スポンサーリンク



赤いメガネっ子

ルイ・ヴィトン以外の「ブランド財布の金運」はこちら!