ロエベ(LOEWE)のロゴは、独特ですよね?

「筆記体のL」を、4つ組み合わせて作ったデザインのようです。

財布にも、なんだか魔術的な雰囲気があります。

ロエベと言うブランド

1846年、エンリケ・ロエベ・ロスバーグが、スペインのマドリードに工房を開業。

赤いメガネっ子

もともとは、ドイツの皮革職人だったそうです。

そして、1872年、ロエベ(LOEWE)を設立しました。

「スペイン王室」御用達

その後、ロエベは、

「革製の宝石箱」などが上流階級の間で人気となり、バッグやトランクなども製作するようになります。

そして、1905年、「スペイン王室御用達」の称号を授かります。

ロゴマーク「アナグラム」

1970年、ロエベは、ロゴマーク「アナグラム」を発表します。

赤いメガネっ子

4つの「L」を組み合わせた独特のデザインです。

また、1975年、定番のバッグである「アマソナ(AMAZONA)」が人気を博します。

LVMHの傘下に

1985年、ロエベは、ルイ・ヴィトンと提携をしました。

そして、1996年、高級ブランドの世界最大手、「モエヘネシー・ルイヴィトン(LVMH)」の傘下に入ります。

ロエベ(LOEWE)財布の金運

では、ロエベの財布の金運はどうでしょうか?

ミラクル・ダイス占いで調べてみました。

風水を参考にしつつも、それにとらわれず診断した「オリジナル解説」です。

営業妨害になっては困るので、ネガティブなことは一切書いてありません。

また、ここに書かれていることは、このブランドの財布が持っている力の一断面です。

他にも「色々な力」があることをご承知おきください。

あくまで参考として捉えて頂ければ幸いです。

スポンサーリンク

ロエベの財布のキーワード

  • ニヒリズム
  • 伝書鳩
  • みっともないマネをしない

ガツガツしないことで、かえって金運がアップする

Miracle Dice

ロエベの財布は「ニヒルさ」がキーポイント。

ガツガツしないことで、かえって金運がアップする。

また、思いもしないところから、お金が舞い込む可能性がある財布。

「ニヒルな哲学」が金運を呼びこむ

ロエベの財布のキーワードは「ニヒリズム」と出ています。

ニヒリズムとは

「人生には意義や目的といったものは存在しない、自分自身の存在を含めて全てが無価値だ」

・・・とする考え方です。

つまり、生き方や考え方の根底に虚無があるわけです。

ロエベの財布には、こういうニヒルな哲学が隠されているのかもしれません。

そんな、ロエベの【現世利益に固執しない態度】が、金運を呼び込んでくれるのでしょう。

思いもしないところから、お金が舞い込む?

また、キーワードの「伝書鳩」は、

「通常とは違う手段で、良い知らせが舞い込む」ことを意味します。

そんなことから、ロエベの財布は、

「思いもしないところから、お金が舞い込む可能性がある財布」

・・・と言えると思います。




ブランド財布は「直営店」で購入するのがベスト

海外の老舗ブランドは、さすがに力があります。

日本と違って、お金に対する意欲が大きいのです。

皆さんも「海外ブランド財布」の力で、金運をアップしてみてはいかがでしょう?

ちなみに、コピー商品には力はありませんのでご注意ください。

信用できる通販会社で購入するか、直営店に足を運んで購入することをオススメします。

スポンサーリンク



赤いメガネっ子

ロエベ以外のブランド財布の金運はこちら!