先日、ティファニーの店舗に寄らせていただき、財布を見せてもらいました。

ティファニーと言えばジュエリーですよね?

でも、財布などの革製品もあつかっているんです。

ティファニーの財布は柔らかくて使いやすく、また、気品があります。

ティファニー(Tiffany & Co.)というブランド

ティファニー(Tiffany & Co.)は、1837年、ニューヨークにオープンしたジュエリーブランドです。

とは言っても、その当時は、たった資本金1,000ドルの文房具&装飾品の店でした。

フランスの宝石を買い付け、宝石事業に進出

転機となったのは、1848年に起こったフランスの二月革命です。

当事、貴族や聖職者ばかり優遇されていたので、革命が起こっちゃったんですね。

フランスは大混乱です。亡命する王族や貴族たちも多かったのでしょう。

そんな中、フランス貴族の宝石が競売にかけられたり、売りに出されたり…などということがあったようです。

赤いメガネっ子

そんな貴重な宝石を買い取り、宝石事業に進出したのが、

アメリカのティファニーです。

ティファニーの婚約指輪が大人気

1886年、ティファニーは、「ティファニーセッティング」をデザインしました。

このデザインは、ダイヤモンドを6本の細い爪で支える画期的なものでした。

今までの台座と違い、ダイヤモンドが最も美しく輝くようになったのです。

赤いメガネっ子

その結果、ティファニーの婚約指輪は大人気を博すことになります。

パリ万博のシルバー製品部門でグランプリ受賞

その後、ティファニーは、

  • パリ万博のシルバー製品部門でグランプリを受賞
  • アメリカの公式式典などで使うアイテムをデザイン
  • ドル紙幣の一部にもデザインが使われる

…など、着々とその地位を築いてゆきます。

映画『ティファニーで朝食を』

1961年には、映画『ティファニーで朝食を』が公開されます。

オードリー・ヘプバーンがタクシーから降り立ったのは、ティファニー本店の前。

首元に豪奢な宝石をあしらい、黒のドレスを着たヘプバーン…。

ティファニーのショーウィンドウの前で、おもむろにクロワッサンとコーヒーの朝食をとり始めます。

…このシーンが大反響を呼び、ティファニーは若い女性の憧れの的となります。

多くのセレブが、ティファニーを愛用

過去~現在、多くのセレブが、ティファニーを愛用しています。

  • ジャクリーン・ケネディ・オナシス
  • エリザベス・テーラー
  • ニコール・キッドマン
  • アンジェリーナ・ジョリー
  • アン・ハサウェイ

…などなど

赤いメガネっ子

こうしてみると、やっぱりティファニーって凄いですね。

ティファニー財布の金運

では、ティファニーの財布の金運はどうでしょうか?

ミラクル・ダイス占いで調べてみました。

風水を参考にしつつも、それにとらわれず診断した「オリジナル解説」です。

営業妨害になっては困るので、ネガティブなことは一切書いてありません。

また、ここに書かれていることは、このブランドの財布が持っている力の一断面です。

他にも「色々な力」があることをご承知おきください。

あくまで参考として捉えて頂ければ幸いです。




ティファニーの財布のキーワード

  • 比較検討する
  • 檄(ゲキ)を飛ばす
  • コントラストの妙(みょう)

美しいだけでなく、したたかさがある財布

Miracle Dice

ティファニーの財布は、ビジュアルが美しいだけでなく、したたか。

こんなところから「人気運」も「金運」も上がってゆく。

じっくり検討する冷静な判断力

ティファニーの財布には、「比較検討する」というキーワードがでています。

たとえば、何かを買うにしても、他の商品と比べてみて、そのメリット・デメリットをじっくりと見極めるわけです。

ある意味、計算高い、冷静な波動です。

赤いメガネっ子

セレブって、そういうものよね?

流行を作る力

また、ティファニーの財布には、「檄を飛ばす」と言うキーワードもでています。

これは「自分の主張を世間に発信し、同意を求める」という意味です。

自分のポリシーを世に問い、人々を巻き込み、流行を作ってゆく…

そういう感じのパワフルな波動ですね。

意外にしたたかな波動

ティファニーの財布の波動は、

  • 時代の変化を冷静に見極めた上で
  • 自分らしさを主張し
  • 人気を得てゆく

…そういう力があるのでしょう。

気品のある美しさの奥には、そういう「したかかな波動」があります。

コントラストが美しい

ティファニーの財布には、「コントラストの妙」というキーワードも出ています。

ティファニーの代表色である「ティファニー・ブルー」…美しいですよね?

たとえば、このティファニー・ブルーと白色は鮮やかなコントラストを生み出します。

とても気品があるんですね。

こういう色の対比などからも、ティファニーは人気運を得ている気がします。

赤いメガネっ子

まさに「色の魔術」ですね。

ブランド財布は「直営店」で購入するのがベスト

海外の老舗ブランドは、さすがに力がありますね。

皆さんも「海外ブランド財布」の力で、金運をアップしてみてはいかがでしょう?

…ちなみに、コピー商品には力はありませんのでご注意ください。

信用できる通販会社で購入するか、直営店に足を運んで購入することをオススメします。




赤いメガネっ子

ティファニー以外の「ブランド財布の金運」はこちら!