この世で生きていると、何かと疲れることが多いですよね?

仕事や人間関係でストレスも溜まりますし、夏バテで元気が出ない方も多いのではないでしょうか?

そこで本日は、秘密の疲労回復方法をお知らせします。

・・・ちなみに、スピリチュアル的な方法ではありませんヨ(^◇^)

磁気を補って疲労回復しよう!

ところで・・・なぜ人間は「疲れる」のでしょうか?

色々な原因がありますが、今回は「磁力」についてお伝えしたいと思います。

人には「磁力」が必要!?

この世界には四つの力が働いています。

  1. 重力
  2. 電磁気力
  3. 強い相互作用
  4. 弱い相互作用

・・・です。

この4つの力のうち、1つでも欠けてしまったら人は生きて行けません。

本日は、2番目の「電磁気力」=「磁力」についてお話しします。

人は慢性的に「磁気欠乏症」になっている!?

私たちが住んでいる地球の磁力は年々減少しています。

なんと、現在の地球の磁力は500年前の約半分しかないそうです。

また、今から2000年後には、地球の磁力はゼロになってしまうという学説もあります。

そもそも、私たちは、鉄筋コンクリートでできたマンションなどに住んでいる事が多いですよね?

しかし、鉄筋でできた建物の中は磁力がかなり減少します。更に、マンションの3階以上になると、地面からの磁力がテキメンに届きにくくなります。

・・・つまり、現代人は慢性的に「磁気欠乏症」になっていると言えるのです。

「磁気欠乏症」になるとどうなるのか?

では、磁気欠乏症になるとどうなってしまうのでしょうか?

磁気欠乏症になると、

  • 自律神経失調症、低体温症
  • 血行障害、肩凝り、頭痛
  • 不眠症、無気力、うつ

・・・などの症状が現れることが明らかになっています。

・・・磁気が欠乏すると、心身ともに疲労し、元気がなくなって来ると言えそうですね。

なぜ、人には磁気が必要なのか?

では、なぜ、人には磁気が必要なのでしょうか?

スポンサーリンク



磁気は「生体電流」を供給してくれている

ご存じのように、人体には血管が網の目のように張り巡らされています。

その血管の中を血液が流れる速度は新幹線並みと言われています。

磁気を帯びた体中を血液が流れることによって「電気」が発生します。学校の理科で習った「フレミングの法則」と言うヤツです。

そして、体内で発生した電気は「生体電流」となり、私たちの心身にエネルギーを供給してくれると言うわけです。

私たちが毎日元気でいられるのは、体中に磁気があるからなのです。

・・・ですので、人間は「磁力」を供給する必要があるのです。

「磁力供給」のパワースポットは、海と大地!

では、どうすれば磁力を供給できるのでしょうか?

私は海に入ることを提案します。

海で「磁力」を供給する

海に入ると「地球の磁力」がチャージされる!?

海には、30,000~40,000ナノテスラの磁力があると言われています。

実際に海に入り、海水に浸かることによって、全身に地球の磁力がチャージされ、その結果、元気が回復する・・・

と私は考えています。

「年に一度海水浴をすれば病気をしない」と言われているのは、このためなのだと思います。

海は「占星術的」にも大きな意味を持っている

海に浸かることは、占星術的にも大きな意味を持っています。

「牡羊座1度」のサビアンシンボルは、「海から上がったばかりの女性をアザラシが抱いている」です。

ご存じのように「牡羊座1度」は12星座のスタート度数です。

つまり、そもそも人間は海からエネルギーをチャージされてくると読めるわけです。

aries

海に入る際の注意

最後に、海に入る際の注意点を述べておきます。

  • 海のエネルギーは強力です。慣れないうちは、浸かるのは1時間ほどにしておくこと。
  • 泳ぐ時は流されないように注意。決して波の高い時は海に入らないこと。
  • できるだけ肌を露出して浸かると効果が高い。
  • 泳げない人は足のみ海に浸けるだけでも良い。
  • 大潮の時のエネルギーは非常に高い。
  • 海辺の砂に埋まるのも非常に良い。

・・・くれぐれも溺れないようにしてくださいね。

大地で磁力を供給する

大地に触れると磁力がチャージされる!

もちろん、海だけでなく大地にも同じくらいの磁力が働いています。

ですので、大地に触れても磁力がチャージされ、疲労回復します。

「砂もぐり健康法」の威力

大地から磁力を供給する一番良い方法・・・それは土に潜ることです。

海の砂や、川の砂、山の土、このような大地の中に身体を埋めるのです。

これが、いわゆる「砂もぐり健康法」です。この健康法で難病を治した人も多いと言われています。

土の上を歩くだけでも良い

土に潜るのはちょっと・・・と言う方は、土の上を歩くだけでも磁気を供給できます。

できれば「裸足」で歩くのが一番良いです。

※これは最近アーシングと言われ、注目されています。

私は、時々、沼津の香貫山を裸足で登っています。

これだけで疲労回復します。

まとめ

・・・と言うわけで

現代人は、どうしても建物の中に引きこもりがちになってしまいますので「磁気不足」には注意が必要です。

「磁力」を取り戻し、疲労を回復するには、「海」や「大地」のような大自然と触れ合うことが非常に大切です。

「元気がなくなってきたな」と感じたら、ぜひ、今回ご紹介した【海と大地のヒーリング法】をやってみてください。

静岡県東部にお住まいの方は、近くの海や山に行こう!

静岡県東部にお住まいならば、伊豆が近いですし「らららサンビーチ」などもあります。

キレイな海が多いですから海水浴がオススメです。

また、沼津には、香貫山や愛鷹山など気軽にハイキングできる山があります。

たまには登山することをオススメします。

・・・裸足で歩けそうなところがあれば、たまには裸足になってみましょう。

(足裏をケガしないように注意して下さい)

以上、今回の情報が皆さんの「疲労回復」のお役に立ちましたら幸いです。

スポンサーリンク