子供のいじめ問題で悩んでいる方・・・多いですよね?

とても微妙な問題ですので、先生も親御さんも困っておられる事と思います。

しかし、なぜ、子供のいじめはなくならないのでしょうか?

・・・それは、そもそもこの社会がいじめ社会だからです。

 

子供のいじめをなくすには、まず大人の偽善をなくせ!

この世の実体はいじめだらけ!?

そもそも、この社会は「弱肉強食」で成り立っていますよね?

自由と平等、人権尊重、平和、助け合い・・・この世はもっともらしいスローガンで飾られています。

しかし、その実態は・・・

「弱い者はエネルギーを奪われ、強い者はますます肥え太ってゆく」です。

強者にへつらわないとイジメられる・・・

この世は、弱い者が強い者の下に否応なしに組み入れられて行くしくみになっています。

「寄らば大樹の陰」の強制バージョンですね。

しかし、それに従わない人もいて、いじめの多くは、そういう人達に対して行われます。

  • 地域の主の言う事を聞かないと、村八分にされます。
  • 会社では、上司にへつらわないと、出世できなくなります。
  • 芸能界でも、大御所に逆らうと、仕事を干されてしまいます。

それだけではありません。

マスコミも、実態はイジメっ子のようなものです。

「川に落ちた犬は叩け」のコトワザ通り、落ち目の有名人などはフルボッコにされてしまいます。

大人の偽善がなくならなければ、子供のイジメもなくならない!?

・・・このように、この社会では、あらゆるシーンにおいてイジメが浸透しています。

つまり、そもそも、この世の実態は「いじめ社会」なのです。

それなのに、子供に対してだけは「イジメは良くない」などと言っています。・・・これは偽善です。

子供はこの社会を映し出す「映し鏡

子供は、この社会の本質を感じ取り、それに敏感に反応する「ピュアなハート」を持っています。

子供は、この社会の実体を映しだす映し鏡なのです。

(もちろん、中には、そうではない「とんでもない悪童」もいますが・・・)

 

「イジメは良くない」と子供に言いながら

  • 職場で、気に入らない人をいじめている
  • 誰かを仲間はずれにしたり、陰で悪口などを言っている
  • 上司にイジメられても抗議ひとつできない
  • イジメを見て見ぬふりをしている
  • マスコミの芸能人叩きなどを、面白がって見ている

・・・これでは、子どもたちだって大人の言うことなんか聞きませんよ。

子供のイジメを解決したいなら、まずは大人が変わるべき!

本当に子供のいじめをなくしたいなら、まずは私たちが変わる必要があります。

大人の世界から「偽善」をなくす必要があるのです。

子供に対し「いじめはダメ」と言うのなら、まず、大人の世界からいじめをなくし、偽善をやめなければなりません。

大人が正しい生き方を貫いていれば、子供たちは自ずと自分を正して行く!

いじめは、弱者を標的にして自分のストレスを発散する行為です。

強い者と戦えないから、弱い者をスケープゴードにするのです。

また、自分の保身のためなら、物言わぬ弱者を平気で犠牲にするのも、いじめの特長です。

私たちは、そういう卑劣なことには一切加担すべきではありませんし、それに屈してもなりません。

子供は「映し鏡」なのです。

大人が正しい生き方を貫いているのを目の当たりにすれば、子供たちは自ずと自分を正して行くのです。

子供のイジメを本当に解決したいなら、まずは、私たち大人が変わる必要があるのではないでしょうか?

 

スポンサーリンク