先日、開運のおまじない「ハートたま」を公開いたしました。

その内容について、さっそくご質問を頂きましたので、お答えしたいと思います。

「ハートたま」へのご質問

ご質問の趣旨

私(Miracle Dice)は、開運のおまじない「ハートたま」の中で、自分の心に正直に生きることの大切さを述べました。

それについて、

「まわりを犠牲にしても自分の心に正直であるべきでしょうか?」

・・・という旨のご質問を頂きました。

いろいろ犠牲にしても「自分に正直」であるべきですか?

赤いメガネっ子

こんにちは。

○○と申します。40代女性です。

私の人生・・・「正直に生きすぎて迷惑だ」と家族に言われました。

これまでの迷惑があるので、おとなしく生きろという感じです。

そんな時、こちらを見かけましたので、早速お願いしたいと思いました。

しかし、自分に正直と言っても、どこまで正直に??

みんなに迷惑をかけて生きることに辛くなってきた私は、今、自分の事はもう考えないほうがいいのではないかと考えています。

今まで、自分の人生なので、自分に正直にと思い、離婚など、いろいろありました。

子供とも離れて暮らしています。

そこで、質問なのですが、

「いろいろ犠牲にしても、自分に正直でもよいのでしょうか?」

正直に生きるつもりがないわけではないです。

むしろ正直に生きたいです。

・・・が、家族の言葉も気がかりで。

どうぞ、よろしくお願いします。

バランス感覚はもちろん必要です。

Miracle Dice

○○様、ご質問ありがとうございました。

人生ほんとうに色々なことがありますよね?

しかし、自分の心に正直に生きることは必要・・・いや必須です。

ただし、ただ正直であれば良いと言うものでもありません。周りとのバランスも十分考慮する必要があります。

この世には、色々な立場の人がいます。

自分が正直に生きることによって、被害をこうむる人もいるでしょう。

ですので、自分の生き方があまりに勝手になっていないか?エゴになっていないか?に注意する・・・

そういう「バランス感覚」はもちろん必要です。

ガマンが「良くない影響」を及ぼすこともある。

しかし、あまり周りに気を使ってばかりいてもいけません。

周りに気を使いガマンばかりして生きていたら、

結局は、自分も周りも不幸にしてしまう・・・

そんな可能性だってあるのです。

「ガマンの波動」の弊害

たとえば、「離婚したい」と心底思っているにも関わらず、子供のためを思ってずっとガマンし、それを思いとどまっている方がいるとします。

結果的にそれで幸せになるケースも多いでしょう。

危機を乗り越えることで、家族の団結が深まるのです。

しかし、逆のケースもあります。

ご両親のムリをしている「ガマンの波動」によって、お子様を始め周囲に良くない影響を及ぼすこともあり得るのです。

また、ご自身の健康を害してしまうことも考えられます。

それだったら、思い切って自分の本心に忠実に生き、今の関係を一旦清算してしまう方が良い場合もあるのです。

正直に生きるのは基本。しかし、全体の見極めが大切。

もちろん、こういう問題には個別性がありますので、一概に「こうだ」とは言えません。

しかし、心に正直に生きることは、やはり【基本中の基本】です。

心に正直に生きていないと、あらゆることにエネルギーが供給されず、色々な弊害があるからです。

単なるバカ正直ではなく、「広く深い視野」が必要。

夫婦間の問題であれば、まず、言うべきことを言うべきです。

それでもどうにもならない場合は、離婚を考えることも必要でしょう。

ただし、子供の問題も含め、常に「全体のバランス」を見る目は必要です。

この複雑な現代社会に生きている以上、単なるバカ正直ではやっていけません。

「馬鹿で成れず、利口で成れず、中途半端で尚成れず」

・・・人生はこの格言の意味する通り、「広く深い視野」と「真っ直ぐな心」が大切なのです。

人生は一度きり!悔いの残らないようにしましょう!

私は、○○様の生き方は、決して間違っているとは思わないです。

一度きりの人生なのですから、悔いが残らないようにするべきです。

あまり色々考え過ぎずに「ハートたま」を実践してみることをオススメします。

そうすれば、何も悩むことはないとわかりますよ。

スポンサーリンク