紺色(ネイビー)の財布・・・

  • 金運は良い?
  • 運気はアップする?
  • どんな意味がある?

・・・気になりますよね。

そこで、「紺色(ネイビー)の財布」の金運をミラクル・ダイス占いで調べてみました。

「風水」や「スピリチュアル」を参考にしつつも、それにとらわれず、診断しています。

 

風水から見た「紺色(ネイビー)」の運気

紺色(ネイビー)は、風水では「黒」と「青」のパワーを併せ持つ色です。

シックだが、枯れてはいない

紺色は、落ち着き(黒色)と爽やかさ(青色)が同居しているイメージとなります。

そのため、シックで大人びていますが、まだまだ若さがあり、枯れてはいないという意味になります。

敵を排除する力

また、日本の藍染(あいぞめ)には「防虫効果」があると言われています。

そのため、日本風水的に見ると、紺色には敵を排除する力があると言っても良いかもしれません。

スピリチュアルから見た「紺色(ネイビー)」の運気

スピリチュアル的に見ると、紺色は「集中力」に関係しています。

目的に集中しやすいので、一つのことを突き詰めてゆく力があります。

そのため、哲学的になったり、何かの専門家になったりする運気をもっています。

 

スポンサーリンク



占いで観る「紺色(ネイビー)」の財布の金運

では、「ミラクルダイス占い」ではどんな結果が出るでしょうか?

 

「ミラクルダイス占い」に関しては、こちらをご参照ください。

「ミラクルダイス占い」とは?

 

スポンサーリンク



紺色(ネイビー)の財布のキーワード

  • 哀悼の意を表する
  • 愛染かつら
  • 両面作戦
  • 身辺警護する

「ネイビーの財布」はナイス・ミドル向け!?

では、紺色(ネイビー)の財布の金運を解説します。

礼儀正しく、古典的、落ち着いている

紺色(ネイビー)の財布のキーワードは、「哀悼(あいとう)の意を表する」です。

これは「亡くなった方のことを思い心を痛めています」という意味ですね。

弔電の中で使われる言葉で、儀礼的で大人な表現と言えます。

また、「愛染かつら」と言うキーワードも出ています。

これは、昭和13年に公開された映画で、涙の後にハッピ-エンドがある日本の古典的なホ-ムドラマです。

そういうわけで、紺色の財布には、そもそも、

  • 礼儀正しい
  • 古典的
  • シブい
  • アダルト
  • 落ち着いている

・・・などの波動があることがわかります。

目的に向けて効果的にお金を使うことができる

また、紺色(ネイビー)の財布には、「両面作戦」と言うキーワードも出ています。

「両面作戦」は、ある目的を実現するため、正面と裏面から事を進めることですね。

普通にお金を使うだけでなく、裏金などを使って目的を実現する・・・そんな芸当もできるわけです。

このように、紺色の財布を持っていると、目的に向かって効果的にお金を使うことができるようになります。

ですので、人間関係などを思うようにコントロールし、その結果、金銭的な恩恵を享受することが可能になるでしょう。

金運が安定する

また、紺色の財布には「身辺警護する」と言うキーワードも出ています。

つまり、用心深くお金を使うことができるのです。

ネイビーの財布は、無駄なことにはお金を使わず、本当に有効なことのみにお金を投下することができます。

ですので、金運が安定すると言えますね。

紺色(ネイビー)の財布は、ナイス・ミドル向けの賢い財布と言って良いでしょう。

まとめ

ミラクルちゃん

紺色(ネイビー)の財布には、落ち着いた「大人の波動」があります。

目的に沿った効果的なお金の使い方ができるので、堅く安定した金運を維持できる事でしょう。

一言でいうと、やはり「大人の財布」ですね。

※濃紺の財布も同じ意味を持ちます。

スポンサーリンク




「ピンッ」ときた色の財布を購入しよう

色には金運パワーがあります。

ただし、その人にとって「合う」「合わない」もあります。

ですので、風水的な意味を気にし過ぎてもいけません。

最終的には、自分がピンッとくる色の財布を持つことををオススメします。

 

 

 

紺色(ネイビー)以外の財布の金運を知りたい方はこちら!

財布の色による金運

金運をアップする色の財布…ベスト17!