今、あらゆることが、ネットでつながってますよね?

  • SNS
  • ショッピング
  • 公共サービス
  • 家電の管理
  • 自動車の運転

・・・などなど。

それだけではありません。

これからは、さらにネット化が進んでゆくでしょう。

Miracle Dice

もしかしたら、小説や映画のような「スゴイ未来」がやってくるかもしれませんネ。

そういうわけで、今回は、

未来はこんな社会になるかも!?

…という、ディストピア小説映画をご紹介します。

未来はどうなる?

これから、私たちの未来はどうなるのでしょうか?

  • スマホですべての人の位置情報がわかる
  • 自分の「健康状態」がスマホで管理できる
  • AI・ロボットであらゆることが代用される

・・・などなど。

とても、安全・快適 😈 なネット社会がやってきそうです。

コロナ後「こんな未来になるかも?」(オススメ小説)

では、未来を暗示するような、ディストピア小説をご紹介しましょう。

1.すばらしい新世界

未来の新世界は、素晴らしいです。

教育だけでなく、出産までもが、国家に完全にコントロールされているユートピアです。

人類は、生まれた時から「遺伝子レベル」で改造されていますので、病気にかかる心配もなし。

そこには、私たちが慣れ親しんだ「人間らしさ」は、もう存在しません。

ピヨ

でも、こんな社会って楽しいピヨ?

2.一九八四年

有名なディストピア小説です。

Miracle Dice

ユートピアの反対がディストピアです。

すべてが、目に見えぬ「ビッ 😎 ブラザー」に管理されています。

家の中まで監視カメラがついてますし、自分の子供たちは通報者として教育されています。

これなら、犯罪が起こらなくて安心です(;^ω^)

「恋愛も禁止」なので、ビョーキへの感染リスクはかなり減少します。

ピヨ

すごく、安心・安全な社会ですね・・・ピヨピヨ

3.侍女の物語

先ほどの小説「1984年」の女性版と言われてます。

何もかも監視され、一切の自由が奪われた社会。

そこでの絶望的な人生が「詩的タッチ」で描き出されます。

ピヨ

作者は、ほんとにこういう体験をしていたんじゃないかな?

…って思わせるものがあるピヨ

4.ハーモニー

人体に「Watch me」という健康管理アプリがインストールされてます。

なので、病気にもかかりませんし、人はとても長生きします。

ですが、このアプリ…あらゆるシステムと連動してますので、オフラインにすると大変です。

物も買えませんし、自宅にも入れません。

その上、このアプリには「恐るべき仕掛け」がありました。

ピヨ

でも、ラクチンそう…

5.パプリカ

これから、あらゆることが「ネットの世界」につながるようになってきます。

すると、ヴァーチャルと現実の区別がつかなくなるかもしれません。

この小説は、「DCミニ」という、画期的な医療アイテムの話です。

「DCミニ」を使うと、寝ている時の夢にアクセスすることが可能になります。

相手の見ている夢に、自分も参加することができるようになるのです。

しかし、だんだん、ヴァーチャルと現実が混じって「わけがわからない世界」が出現してきます。

ピヨ

うかつに、電脳世界に入ると、かなり怖いピヨ。

6.ドグラ・マグラ

この小説は「精神病院系」の話です。

ドグラ・マグラは、

これを読む者は、一度は精神に異常をきたすと伝えられる一大奇書

…と解説されてます。

でも、この世がそもそも狂っているとしたら、そこにのほほんと生きている私たちも、実は「精神異常」なのかもしれません。

この小説は、あらためて現在の人間社会を考え直す、良いキッカケとなるかもしれませんね。

ピヨ

だけど「常人の頭」では理解しがたい内容だピヨ。

7.Gene Mapper -full build-

2012年に、アマゾン電子書籍でベストセラーになった小説です。

この小説が描く「2037年」は、拡張現実(VR)が浸透している未来です。

会議なども、皆、VR空間でおこなわれますし、誰もがアバターを使ってます。

その他

  • 遺伝子植物
  • 昆虫兵器

…などが出て来て、深く考えさせられます。

ピヨ

未来は、こんな世界になりそう~。

最近、バッタの大群がよく出没するし…。

8.禁断のクローン人間

2037年、人類は「クローン産業」を発展させました。

ヒト・クローンは、労働、軍隊、医療(生体供与)など、幅広い用途に使われます。

人間の生活と、切り離せなくなっています。

しかし、裏では、とても大きな問題が進行していました。

ピヨ

ネタバレになるので、言えないピヨ

著者のジャン・ミッシェル・トリュオンは、世界で初めて人工頭脳の会社を設立したらしいです。

専門家が書いたディストピア小説だけに、ものすごい真実味があります。

(1989年の「小説賞」をとっています。)

こんな未来になるかも?(オススメ映画)

では、続いて「こんな未来になるかも?」…という映画を紹介します。

1.マイノリティー・リポート

この映画は、あらかじめ犯罪者を予想して、犯罪を未然に防ぐという「未来社会」のお話です。

ところが、刑事役のトム・クルーズがなぜか犯罪者に間違われ、追われる立場になります。

果たして、トムは「えん罪」を晴らすことができるのか?

Miracle Dice

「未来の監視システム」が秀逸すぎて、ほんとにヤバい映画です。

2.チェンジリング

「こんなことになったらイヤだな」・・・と思う映画です。

アメリカで実際にあった事件を、クリント・イーストウッドが映画化しました。

自分の子供を入れ替えられてしまった母親が、子供を取り戻そうと国に働きかけるのですが・・・

そこに待っていたものは、恐るべき現実でした。

Miracle Dice

あ~コワ…

3.エクス・マキナ

これから、AIやロボットの活用が急速に進みそうですよね?

この映画には、見た目が、人間とまったく変わらない「女性アンドロイド」が出てきます。

その美しく、魅力的なアンドロイドに主人公は恋をしてしまうのですが・・・。

Miracle Dice

結末は衝撃的です。

4.ゼイリブ

主人公は、ある日「本当の正体が見えてしまう」サングラスを手に入れてしまいます。

そのサングラスで見たこの世は、想像を絶するシステムになっていた!?

…今の世界を、このサングラスを通して見たら、どう見えるのでしょうね?

Miracle Dice

今の世の中に、色々と感じるところのある人には、オススメの映画です。

5.アップグレード

これからは、人の体内にAIを入れるような未来が来るかもしれませんね。

では、そうなると人はどうなるのか?

その一番イヤ~なパターンを示唆してくれるのが、この映画です。

Miracle Dice

人は、自由意志があるからこそ「人間」と言えるのですが…

とにかく観てください。

全人類必見の映画です。

コロムビアミュージックエンタテインメント
不思議な子

まだ参考になりそうな小説や映画はたくさんあります。

随時、追加してゆきますよ。

まとめ

今回は、未来はどう変化するのか?

…それを予感させてくれるディストピア小説や映画をご紹介しました。

人間らしい「明るい未来」を招来するためには?

それを、一人一人が良く考えなくてはなりませんね。

コロムビアミュージックエンタテインメント