エルメスは、とても高級なイメージがあります。

バッグなどは100万円以上するものがありますよね?

櫛、皿、トランプなど…小物類も高額です。

(私も小物類を買って、リッチな気分にひたってた事がありました。)

今回は、そんなエルメスの財布の「金運」を風水的な観点から解説します。

エルメスと言うブランド

エルメス(Hermes)は、フランスの「エルメス・アンテルナショナル社」が展開するファッションブランドです。

スカーフケリーバッグなどで有名ですよね?

最初は「馬具工房」だった!?

エルメスは、1837年にパリにて創業します。

最初は「馬具工房」だったようです。

ナポレオン3世やロシア皇帝など、有力者を顧客として発展してゆきました。

その後、自動車の出現による「馬車の衰退」を察したエルメスは、鞄や財布などの皮革製品を販売し、成功してゆきます。

初めて「ファスナー」をバッグに用いた!?

1920年には、ハンドバッグ部門をスタート。

クージュ・セリエという、手間ひまかけた裁縫技術を活かして作られた「革のバッグ」が爆発的な人気を呼びます。

また、初めてファスナーをバッグに用いたのもエルメスです。

「ケリーバッグ」の由来

1955年、モナコ王妃のグレース・ケリーの妊娠が発覚しました。

グレース・ケリーはパパラッチに狙われた際、バッグで妊娠していたお腹を隠しました。

その時のバッグが、エルメスのバッグだったのです。

このことから、このバッグはケリーバッグと呼ばれ大人気となります。

「バーキン」の由来

1984年、エルメスは、イギリスの女性歌手ジェーン・バーキンのためにバッグを作りました。

そのバッグは「バーキン」と命名され、人気を博します。

 当時、ジェーン・バーキンは、ボロボロのカゴに物を詰め込んでいたらしいです。

それで、エルメスが「何でも気軽に物を収納できるバッグ」を作ってあげたのです。

赤いメガネっ子

可愛いバッグですね。

エルメスのデザイナー

エルメスのデザイナーで、日本人になじみのあるのは、

  • マルタン・マルジェラ
  • ジャンポール・ゴルチエ

…などです。

赤いメガネっ子

自分の美学がありそうな方たちですね。




エルメス(Hermes)財布の金運

では、エルメスの財布の金運はどうでしょうか?

「どのような運気か?」をミラクル・ダイス占いで調べてみました。

風水を参考にしつつも、それにとらわれず診断した「オリジナル解説」です。

営業妨害になっては困るので、ネガティブなことは一切書いてありません。

また、ここに書かれていることは、このブランドの財布が持っている力の一断面です。
他にも「色々な力」があることをご承知おきください。

あくまで参考として捉えて頂ければ幸いです。

エルメスの財布の「キーワード」

  • 三蔵法師(さんぞうほうし)

エルメスの財布には「崇高な力」がある

Miracle Dice

エルメスの財布は、単に金運を上げるだけではない。

人を高みに導く崇高(すうこう)な力があるのでは?

高貴な財布

本当のセレブ向き

三蔵法師は優れた高僧です。

『孫悟空』に出て来るお坊さんとして有名ですね?

このキーワードは、「出世競争」や「お金の奪い合い」からは無縁のような感じがします。

ですので、エルメスの財布は、真の高貴さを身につけたい方が持つと良いのでは?

本当のセレブ向きです。

ブランド財布は「直営店」で購入するのがベスト

海外の老舗ブランドは、さすがに力があります。

日本と違って、お金に対する意欲が大きいのです。

皆さんも「Hermesの財布」で金運をアップして、お金を貯めてみませんか?

ちなみに、コピー商品には力はありません。

「信用できる通販会社」か「直営店」で購入することをオススメします。

海外ラグジュアリーブランド通販のAXES(アクセス)

ブランド通販サイト「AXES」は日本流通自主管理協会の会員企業です。
なので、すべて本物(正規商品)を取り扱ってます。

最大30日間の返品保証あり。
「イメージ違い」などでも返品可能なので安心です。

まとめ

今回は、エルメス(Hermes)の財布の金運・運気を解説しました。

エルメスの財布には

  • 人を高みに導く「崇高(すうこう)な力」
  • 真の高貴さが身につく
  • 本当のセレブ向き

…このような運気があります。

Miracle Dice

出世競争などの「不毛な争い」から超越したい人向けですね。

赤いメガネっ子

エルメス以外のブランド財布の金運はこちら!