恋愛は「執着」が強すぎると、うまくゆかない事が多いです。

なぜなら、執着は自分自身を苦しめるだけでなく、相手をもガンジガラメにして苦しめることになるからです。

…しかし、恋愛の執着は、なかなかなくす事が難しいものです。

「恋愛の執着」をなくすには?

では、「恋愛の執着」をなくすには、どうすれば良いのでしょうか?

それは…一度、魂が死んで、過去の波動から解き放たれる必要があります。

もちろん、本当に死んではいけません。

魂を「炎の中」で焼き尽くす必要があると言う意味です。

「恋愛の執着」を手放すための曲

…と言われても、何のことか良くわからないかもしれませんね?

そこで、今回は、そんな「執着の浄化」ができる曲をご紹介したいと思います。

この曲と感応できたならば、あなたの執着はいつのまにか消えているかもしれませんよ。

ワグナー:トリスタンとイゾルデ「愛の死」

恋愛の執着を手放すには、トリスタンとイゾルデ「愛の死」を聴くことをお勧めします。

曲の効果

死生を超えた愛がもたらす「浄化の炎」

トリスタンとイゾルデ「愛の死」

「トリスタンとイゾルデ」はワーグナーの歌劇です。

Miracle Dice

原作は「トリスタン・イズー物語」ですね。

これは、騎士トリスタンとイゾルデの「悲恋」の物語です。

イゾルデは、トリスタンの主君であるマルク王のお妃さまです。

ですので、2人の恋は決して許されるものではありませんでした。

最終的に2人を迎えるのは「死」です。

この曲「イゾルデの愛の死」は、トリスタンがイゾルデの腕の中で息絶え、2人が永遠の世界に旅立つ最期のシーンの曲です。

この曲を聴いていると、愛とは、本当に死生をも超えてしまうほどの力があると感じます。

そして、聴き終った時、自分の囚われていた「こだわり」がいかに小さいものだったのかを思い知らされるのです。

リストが編集した「ピアノ版」がオススメ

「トリスタンとイゾルデ」のオペラ版は、あまりに強烈過ぎます。

ですので、リストが編集したピアノ版がオススメです。

田母神夕南(たもがみゆうな)さんの演奏

田母神夕南(たもがみゆうな)さんの演奏です。

本当に「情感」が揺すられるスゴイ演奏です。

そして、聴き終った後…

自分が、いかに「小さなこだわり」の中にあったのかを気づかせてくれます。

ホロヴィッツ版

私は、いつもホロヴィッツの演奏を聴いています。

ホロヴィッツが亡くなる直前に録音した名演です。

ハートのこだわりがスーッと消えてゆきます。

ぜひ、聴いてみて頂きたいと思います。

恋愛のおまじない「ゆいたま」もオススメです

「ゆいたま」は、恋愛の執着をなくし、真のパートナーを得るための魔法のおまじないです。

ゆいたま」を唱えると、あらゆる執着が消え、恋愛運が良くなってきます。

Miracle Dice

人間関係を良くするのにも、オススメですよ。