世の中には、色々な財布がありますよね?

「形」「色」「使い心地」…それぞれ違います。

もちろん、どれを使おうと自由です。

しかし、

  • こんな財布を使うと金運が下がる
  • こういう財布は使わない方が良い

…という傾向は、風水的にも厳然と存在します。

今回は、「こんな財布は要注意」を解説してゆきます。

風水的に「金運・財運」が低下する財布

  • 最近、収入が減った
  • お金が貯まらない
  • おこづかいが足りない

…それは、「今使っている財布」が原因かもしれません。

なんとなく、金運・財運が悪い!

そんな方は「自分の財布が以下のようになってないか?」ーさっそくチェックしてみましょう。




1.チャックがスムーズに開かない財布

チャックがスムーズに開かない、あるいは、ボタンの開け閉めがうまくゆかない…

こういう財布を使っていると、お金の出し入れをするたびに、ストレスを感じます。

そうなると、気持ち良くお金のやりとりできなくなり、金運が低下することがあります。

困ったピヨ

お財布の使いやすさは、風水的にとても重要ピヨ。

2.手触りが悪い財布

財布を新調したのはいいけれど、なんとなく手触りが気に入らない。

  • ごわごわする
  • 不自然にツルツルする
  • やたら固い

…など、ありませんか?

触った時に不快感があると、脳には「ネガティブなエネルギー」が発生します。

そのため、そういう財布を使っていると、金運が下がってゆく可能性があります。

3.色使いがチープ

色使いが「チープ」とは、どんな色でしょうか?

  • やたら派手な色
  • どこにでもありそうな色
  • 一時代前に流行したような色

…とにかく、なんとなく安っぽい色です。

色がもたらす影響は、思いのほか強力です。

チープな色の財布を使っていると、自分自身の生活も安っぽくなり、金運が落ちてしまう可能性があります。

困ったピヨ

風水的に「色」はとても重要ピヨ!

4.特に気に入ったわけではない財布

特に気に入ったわけではないけど、「まあ、いいか」と妥協して財布を買ってしまうこともあります。

しかし、そんな財布では「お金を使う楽しみ」や「高揚感」が半減してしまいます。

その結果、お金のエネルギーが低下してしまいます。

困ったピヨ

値段が高くても、

できるだけ「気に入った財布」を購入したほうが良いピヨ。

5.中古の財布、たくさんの人が触った展示品の財布

中古品は、どうしても「前の持ち主の波動」がつきます。

もし、ネガティブな波動がついていたら、金運にも影響がでる可能性があります。

もちろん、洗えば、たいていの波動は落ちます。

ですが、財布は洗うわけにはゆきません。

困ったピヨ

中古の財布、展示品の財布などは、なるべく避けた方が良さそう…

6.あまりに価格が安い財布

こと「財布」にかんしては、安い価格のものは避けたいところです。

すべてとは言いませんが、安い財布のほとんどは、財運を守る力が小さいです。

また、人によっては、安い財布を持っていることで「劣等感」も出やすくなり、運気が上がりにくくなります。

困ったピヨ

できるかぎり、「高い金額」の財布を購入したほうが良いピヨ。

7.コピー品の財布

コピー品の財布は、しょせん「二流品」です。

本物のブランドが持つ金運パワーはありません。

それどころか、「偽物の波動」があるので、運勢にも良くない影響を及ぼします。

財運を強固にするためには、本物のブランド財布を購入するのをオススメします。

8.(番外編)整理されていない財布

これは、「財布の状態」に関することです。

  • レシートが詰まってる
  • お札が不規則に入ってる
  • 開運グッズだらけ

…このように整理整頓されていない財布は、風水上、てきめんに金運を落とします。

以下に注意して、財布を整理しておいてくださいね。




まとめ

以上、風水的にも金運が下がってしまう「危険な財布」の例をご紹介しました。

  1. チャックがスムーズに開かない
  2. 手触りが悪い
  3. 色使いがチープ
  4. 特に気に入っているわけではない
  5. 中古の財布、たくさんの人が触った展示品
  6. あまりに価格が安い
  7. コピーブランド
  8. 整理されてな

…このような財布には、気をつけましょう。

財布は、いつも身につけ、ひんぱんに使うものです。

ですので、ふつうの品より「運気」へ大きく影響します。

風水ちゃん

なるべく「良い財布」を使って、金運を落とさないようにしてくださいね。