今回は、風水とお墓について解説します。

風水と言うと、

  • 家の方位
  • 家具の配置
  • 物品の色

・・・などを連想しますよね。

ですが、そもそも、風水の始まりは「お墓」だったのです。

風水ちゃん

これを陰宅風水と言います。

風水は、なぜお墓から始まった?

風水の始まりは、中国と言われています。

では、なぜ風水は「お墓」から始まったのでしょうか?




お墓を整えれば、先祖が喜ぶ!?

中国の人は先祖をとても大事にします。

なぜなら「自分の運勢は、先祖のバックアップ次第」と考えているからです。

  1. お墓を良くすれば、先祖は喜ぶ。
  2. すると、この世に住む自分たちを守ってもらえる。
  3. お墓を良くするには、どういう場所に作れば良い?

・・・そこで、「気の良い場所」を選定する方法が考え出されました。

それが「風水」だったわけです。

風水ちゃん

もちろん、庶民レベルの話ではなく、

「権力者の埋葬場所」から始まったと思います。

なぜ、お金持ちは立派な墓を立てたがる?

お金持ちは、立派な墓を立てたがりますよね?

古代の権力者なども、立派な古墳に祀られてたりします。

これは、なぜなのでしょうか?

お金持ちは、お墓の大切さを知っている!?

もう、おわかりですね?

お金持ちは、

風水的に良いお墓を作ることが、一族の力を維持することにつながる

…と知っているのです。

風水ちゃん

風水や墓相について知っているお金持ちも多いです。

また、実際には知らなくとも、直感的に理解している人が多いのです。

なぜ、お墓の風水がイイと、運勢が良くなる?

では、なぜ、お墓の風水を整えると、運勢が良くなるのでしょうか?

陰陽のバランスが整う

風水では、家を「陽宅」、墓を「陰宅」と呼びます。

つまり、

今住んでいる家と、先祖が眠る墓は、「陰陽の関係」でつながっている

…というわけです。

ですので、運を良くしたいなら、家だけでなく、墓も良くする必要があるのです。

先祖からのご加護がある

また、良いお墓を立てれば、そこに集まる「良い気」が子孫に送られてきます。

簡単に言うと、先祖が良いエネルギーを送り、子孫を守ってくれるというわけです。

墓石は人体とリンクしている

「墓石は人体とリンクしている」と見なす風水師もいます。

墓をキレイに整えておくと、子孫が健康的で幸せな生活を送れるようになる

…ということも期待できるわけです。

立派なお墓を買えない場合は?

しかし、立派なお墓を買うのは大変ですよね?

そんな場合、どうすれば良いのでしょうか?

力量以上のことをする必要はない

もちろん、力量以上のことをする必要はありません。

先祖も、そのようなムリは望んでいないでしょう。

大切なことは、

現世にうつつを抜かすのではなく、あの世にも意識を向け、祖先に感謝すること

…です。

ですので、必ずしも、墓が豪華でなくとも良いのです。

ただし、風水的に良い墓にできればベスト

ただし、ちゃんと掃除をしたり、整えるべきところは整えて、風水的に良い墓にしましょう。

そうすれば、陰陽のバランスが整い、運も開いてきます。

まとめ

今回は、風水とお墓について解説しました。

  • 風水の始まりは陰宅風水
  • 陰宅風水とは、お墓を整えること
  • お金持ちが立派なお墓を作るのは、直感的に風水を知っているから
  • 必ずしも立派なお墓は必要ない
  • だが、風水的に整え、先祖に感謝するのがベスト

まとめると、以上になります。

風水ちゃん

これからも、風水を解説してゆきますね。

やさしく風水を学びたい方はこちら!

スポンサーリンク