私がスサノオノミコトの地上神(あらひとがみ)を名乗られる「師」にお会いしたのは1992年のことです。

それから私は、20年の間、師の下で修業を続けてきました。

多くの秘儀・秘伝をさずかり、そして、秘剣をさずかりました。

2014年、師は「諸君には力をさずけた。私がいなくとも、この世で何かをできるようにしておけ。」とおっしゃりました。

2015年、私は師の下を離れることを余儀なくされ、師の意志を自分の人生で貫くことにしました。

師の意志は「破邪顕正(はじゃけんしょう)」です。

邪を破り、正義をこの世に顕(あら)わす、スサノオノミコトの「鉄の意志」です。

 

スサノオ秘剣の旅

2016年11月11日、私はスサノオノミコト(素戔嗚尊)を巡る旅に出ることになりました。

肉体存在としてのスサノオノミコトではなく、エネルギー存在であるスサノオノミコトにお会いしに行くわけです。

そして、僭越ながらも、スサノオノミコの破邪顕正のエネルギーを地上に展開するため、各地を巡って来る予定です。

今回は、岡山の石上布都魂神社を出発点として、

  • 島根・・・出雲大社、八重垣神社
  • 京都・・・八坂神社、伏見稲荷神社
  • 愛知・・・熱田神宮

を巡りました。

石上布都魂神社

まずは、岡山県赤磐市の石上布都魂神社(いそのかみふつみたまじんじゃ)へ行きます。

石上布都魂神社は、岡山市から車で1時間ほどの山の上にあります。霊能者や剣術家なども頻繁に訪れるパワー・スポットらしいです。

なぜ、私が最初に石上布都魂神社を訪れるかと言うと、スサノオの十拳の剣(とつかのつるぎ)が最初に奉納された神社だからです。

十拳の剣とは?

「十拳の剣」とは、あのヤワタノオロチを退治した神剣です。

正式名称は「天十握剣(あめのとつかのつるぎ)」です。

神社関係者の話

  • スサノオは十拳の剣を石上布都魂神社に奉納していた。
  • 想像では、ここら一帯はたたら製鉄の地であったので、スサノオは剣を新たに鋳造し、十拳の剣をここに奉納したのではないか?
  • しかし、崇神天皇の時代に大和の勢力が強くなると十拳の剣は大和に持って行かれてしまう。現在、神剣は奈良の石上神宮にある。
  • また、本物の十拳の剣からは三振りのレプリカが造られ「宮内庁、石上神宮(奈良)、石上布都魂神社(岡山)」に納められた。

「十拳の剣」と「草薙の剣」の違い

スサノオと言うと「草薙の剣」の方が有名かもしれません。

一応、「十拳の剣」と「草薙の剣」の違いを書いておきます。

  • 十拳の剣・・・ヤマタノオロチを退治した神剣。石上布都魂神社に納められた後、石上神宮(奈良)へ移される。
  • 草薙の剣・・・退治したヤマタノオロチのしっぽから出て来た神剣。その後、熱田神宮へ納められる。

※後程、神主さんに「十拳の剣」を元に作成された木剣を見せてもらいました。日本刀とは逆で、反りの内側に刃が入っていました。騎馬民族?が持つような特殊な剣でした。

石上布都魂神社へ

それではさっそく石上布都魂神社へお参りします。

 

拝殿です。素朴で清々しい神社です。

dsc02218

 

狛犬が素敵な形相をしています。鬼のようです。

dsc02219

 

拝殿から15分ほど山を登って行くと、本殿があります。

dsc02215

 

山を登る途中、黄色い2匹のチョウチョが我々の到着を歓迎するかのように、舞っていました。

本殿は磐座(いわくら)の上にあります。磐座とは、大きな岩のご神体のことです。

※畏れ多いので写真は撮っていません。

本殿で参拝

Miracle DiceMiracle Dice

本殿で参拝後、神剣を3度振る。

「よろしく頼むぞ」と、スサノオノミコトの優しいお声が聞こえたような気がする。

暖かく静かな波動だ。

まったく荒々しい感じではなく、普段私が憩っている時と同じようなゆったりとした波動。

スサノオは素朴な庶民の神なのだ。

これで私がさずかっている神剣に十拳の剣のエネルギーが改めてチャージされた。

このパワーをこれから各地の神社に降ろして行きたい。