私は、2018年10月21日、ふいに思い立ち、箱根を訪れることにしました。

箱根には、

  • 芦ノ湖
  • 温泉
  • 美術館

・・・などがあり、どことなくセレブな感じがありますよね?

また、「パワースポット」「風水スポット」としても有名です。

しかし、どことなく【暗い波動】もあるように感じます。

パワースポット「箱根」

箱根には、西から東へ抜ける「東海道」が通っています。

ここには、かつて、幕府によって「関所」がおかれていました。

関所跡

箱根に関所が置かれた目的は、「入り鉄砲、出女」の監視だとされています。

簡単に言うと、

  • 入り鉄砲=武器の輸送
  • 出女=幕府が人質にとっていた妻女の脱走

・・・を防ぐためです。

※当時、幕府は地方大名の妻女を人質として江戸に住まわせていたようです。

スポンサーリンク



箱根神社

箱根で有名な神社は「箱根神社」です。

箱根神社の歴史をざっと書いてみます。

古代からの山岳信仰の中心地

およそ2400年前、箱根山に、聖占仙人(しょうぜんしょうにん)が神仙宮を開きました。

どういうことかと言うと・・・

箱根山の最高峰「神山(かみやま)」をご神体として、隣の駒ヶ岳山頂に「祈りの場」を開いたわけです。

箱根では、神山を文字通り「神の山」として信仰していたわけですね。

向かって左が「神山」です

万巻上人により社殿が建立

そして、紀元760年ごろ、現在の箱根神社の場所に社殿が建立されました。

(山岳修行僧の万巻上人という人が建てたようです。)

万巻上人は、夢のお告げによって、ここに「三所権現」を祀ったとされています。

箱根の三所権現とは、「僧形神」「男神」「女神」の三神からなります。

一説では、アジア(インド?)から来た神様とも言われているようです。

御祭神

現在、箱根神社の祭神は以下となっています。

  • 瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)
  • 木花咲耶姫命(このはなのさくやひめのみこと)
  • 彦火火出見尊(ひこほほでみのみこと)

・・・なぜ、上記の御祭神が祭られているのかは良くわかりません。

箱根神社は、当初、山岳信仰と神仏習合の社殿として建てられたようです。

ですが、明治政府の「廃仏毀釈(はいぶつきしゃく)」によって、神社から仏教色が排除されました。

ですので、後から、当地に相応しい祭神をお祀りしたのでしょう。

詳しくは、鎌倉タイム「箱根神社」

箱根神社に参拝

では、まず、箱根神社に参拝します。

急な階段を上がり、拝殿に向かいます。

神社は、朱色をふんだんに使っていました。

狛犬君です。

武将が参拝する神社らしく、勇壮な姿をしています。

横には「九頭竜神社」が新設されていました。

※本宮は芦ノ湖の湖岸にあります。

剣技の奉納

私は「箱根神社」「九頭竜神社」に剣技を奉納し、瞑想しました。

しかし、観光客の”わやわや”した気があふれており、神域としての気はまったく感じられません。

「ここではなく、とにかく奥宮に来い」と言われているように思ったので、

箱根神社の奥宮である「箱根元宮」に参拝することにします。

けけら木

戻る途中、巨木の化石が祭られていました。

「けけら木」と言われる、湖底木です。

さわると、スベスベしてとても気持ち良いです。

台風の影響で、芦ノ湖の底にあったものが、浮いてきたとのことです。

芦ノ湖の「逆さ杉」

そもそも、芦ノ湖には「逆さ杉」という木が湖底に生えています。

古代の地震により、山が崩れ、木が生えたまま、湖底に沈んだそうです。

「逆さ杉」と言っても、逆さに立っているわけではありません。

昔は、水面から枝が突き出ていて、それが湖面に逆さに映ったから、そう呼ばれているそうです。

(逆さ富士と同じですね。)

箱根元宮(はこねもとつみや)

箱根園からロープウエイに乗り、

駒ヶ岳の山頂にある「箱根元宮」へ向かいます。

拝殿は、見晴らしの良い山頂に、ポツネンと鎮座しています。

まだ10月なのに、山頂の気温は10度しかありません。

・・・むちゃくちゃ寒いです。

拝殿

箱根元宮の拝殿です。

ちなみに箱根元宮のご神体は「山」です。

箱根元宮(はこねもとつみや)とは?

駒ヶ岳(標高1356m)の山頂にある拝殿です。

駒ケ岳は、古来より神山をご神体とする山岳信仰が行われた場所です。

※神山(かみやま)はすぐお隣です。

毎年10月24日、箱根元宮では「御神火祭」が執り行われます。

駒ケ岳山頂で御神火をおこし、その火をまず神山に捧げます。

その後、箱根神社をはじめ、箱根の全神社に火を分けてゆく祭りです。

現在の箱根元宮の社殿は、1964年に堤康次郎氏(西武鉄道の創始者)が奉納したものです。

剣技の奉納

拝殿に剣のエネルギーを奉納します。

Miracle Dice

剣を振ると、「方位を記した図面」が浮かんだ。

伊豆、東海、関東を結ぶ中心点のパワースポット・・・

それが箱根。

このパワースポットの奥に、エネルギ-が入っていった。

芦ノ湖

また、この時、私には、

芦ノ湖の水面に「巨大な龍」が頭を突き出しているビジョンが見えました。

頭は九つではなく一つでした。

「もしかして、芦ノ湖には本当に龍がいるのだろうか?」

私は、芦ノ湖に向けて剣を振りました。

Miracle Dice

芦ノ湖には、何か大きなエネルギーがプールされている。

エネルギー湖。

どうやら、芦ノ湖は、本当のパワースポットのようです。

だから、

  • 坂上田村麻呂
  • 源頼朝
  • 徳川家康

・・・など、名だたる武将が、箱根に詣でたのでしょう。

不思議な「光の玉」が出現

しばらく芦ノ湖を見ていると、妙な光の玉を発見しました。

太陽の反射だと思いますが、

しかし、太陽は私の右に沈もうとしているので、この角度で見えるのは不自然です。

芦ノ湖が「何かのシグナル」を発しているように見えました。

・・・ですが、観光客(外人さん)の視線もあり、

また、ロープウェイの時間ギリギリでしたので、帰ることにしました。

箱根元宮は、外人さんばかりだった・・・

ちなみに、この日、箱根元宮の観光客の8割位は外国人でした。

欧米人が多かったです。

同行者によると、私が剣を振って瞑想していると、「Oh!サムライ?」などと言って、写真を撮っていたそうです。

5、6年前も、ある有名な公園で剣を振っていたら、

「Are You Samurai?」と、モデルさんみたいな外人女性に聞かれたことがあります。

・・・外人さんは、なんでもサムライにしたがるので、こちらも困ります。

改めて波動浄化

夜、家に帰ってきました。

しかし、いっこうに寒さがおさまりません。

何かの波動が来ています。

そこで、再度、箱根を浄化することにしました。

「修験道」の波動

修行者の「悟りたい」という思いが、波動となって、駒ヶ岳山頂に残っていたような気がしました。

ですので、それを浄化させて頂きました。

「逆さ杉」の波動

また、芦ノ湖に意識を合わせると、「逆さ杉」の波動がありました。

湖の中に立っている木々が寒がっているように思いました。

そこで、波動としての木々を伐採し、元の山へお返ししました。

しばらくすると、私の寒さはおさまりました。

Miracle Dice

芦ノ湖で見た「光の玉」は、逆さ杉からのシグナルだったのかもしれません。

ただし、芦ノ湖で見た「龍のビジョン」の詳細はわかりませんでした。

いずれ、湖畔の九頭竜神社に行かなければならないでしょう。

スポンサーリンク