宇宙人と友達になってUFOに乗せてもらった・・・

皆さんも、一度は、そんなスピリチュアルな体験談を読んだ事があるんじゃないでしょうか?

そういうわけで、今回は

  • UFOに乗せてもらった
  • 宇宙人と4ヵ月の時を過ごした
  • そもそも、私は金星から来た

・・・など、オススメのスピリチュアル本をご紹介しますね。

UFOって、ほんとうに存在するの?

UFOは、本当に存在するのでしょうか?

昔は、UFOの話なんかをすると「変な人」と思われて終わりでした。

でも今は違います。

米国もUFO情報を出し始めてる!?

少し前、米国防総省も、UFOに関する情報を出してましたね。

また、日本も「宇宙防衛軍」の創設について考えはじめているようです。

河野防衛大臣が、チラッと発言してましたね。

河野太郎防衛相河野太郎防衛相は14日、自衛隊に対し、日本の防衛や警備に影響を及ぼす未確認飛行物体(UFO)に遭遇した場合の対応について指示した。

「UFO動画」がたくさん出回っている

最近は、インターネットの影響で、UFO動画が公然とアップされるようになりました。

ユーチューブで「UFO」と検索すれば、世界中のUFO動画がワンサカ出てきます。

もちろん、中にはCGもあるでしょう。

しかし、「大勢の人によって撮影された動画」や「公的機関の動画」などもあります。

ですので、まんざらウソとは言えないことも多いのです。

あとは「いつ公式に発表するか?」だけ

そういうわけで、UFOの存在は、もう「公然の秘密」と言って良いのではないでしょうか?

あとは、いつ公式に発表するか?・・・という問題だけだと思います(^^;)




宇宙人っているの?

ところで、ほんとうに、宇宙人は存在するのでしょうか?

私は「いないはずはない」と思ってます。

宇宙には、とてつもなく多くの星があります。

それなのに、地球にだけしか生命体がいないというのは、やっぱり不自然です。

なぜ、宇宙人は「人の前」に現れない?

では、なぜ、私たちの目の前に宇宙人が現れないのでしょうか?

それは、人間がパニックになって攻撃してきたら困るからでしょう。

宇宙人だって、無用なトラブルは避けたいのです(^^;)

でも、噂では、アメリカやロシアの要人などとは、極秘裏に接触しているそうですよ。

不思議な子

私たち庶民には、知らされていないだけなんですね~。

宇宙人?スピリチュアル?地球人が目覚める「オススメの本」

では、

  • UFOに乗せてもらった
  • 宇宙人と仲良くなった
  • 宇宙人のメッセージをチャネリングした

・・・など、オススメのスピリチュアル本をご紹介しますね。

不思議な子

作り話では、絶対こんな内容は書けないじょ。

1.超巨大「宇宙文明」の真相

著者は、フランス人のミシェル・デマルケ氏です。

デマルケ氏は、UFOに乗せられ、黄金の惑星「ティアウーバー」に案内されます。

そこで体験したことは、地球人の常識をはるかに超えていました。

また、案内人である宇宙飛行士「タオ」は、驚くべき地球の歴史を明かしてくれます。

ちなみに、タオはとても優しく魅力的な人で、身長は2m90cm、性別はありません。

私はすごく親近感を感じました。

この本を読んだ人は、「タオとお友達になりたい」と思うかもしれませんね。

全豪ベストセラーになった驚愕の本です。

2.第2惑星からの地球訪問者

宇宙人とコンタクトしたことで、有名なジョージ・アダムスキー氏の著書です。

この本で、アダムスキー氏は、「UFOの構造」や「宇宙飛行士たちの容貌」などをとてもくわしく描写しています。

アダムスキー氏は、金星人、火星人、土星人の宇宙飛行士とも友達になりました。

彼らは、地球人の犯している過ちに対して、率直な意見を述べてくれます。

  • 無知
  • 偽善
  • 貪欲
  • 分裂
  • 闘争

…なんとも身につまされる話ばかりです。

Miracle Dice

この本を読むと、色々な惑星の人が「地球人として」暮らしていることがわかります。

みんなイイ人ばかりなので、会ってみたくなります。

3.プレアデス+かく語りき

この本の著者は、チャネラーのバーバラ・マーシニアックさんです。

バーバラさんは、プレアデス星人からのメッセージをチャネリングし、その内容をこの著書で伝えています。

宇宙人からのメッセージを日本語に訳しているので、最初は少々読みにくく感じるかもしれません。

ですが、だんだんハマってきます。

  • 私たちは何のために地球に生まれてきたのか?
  • なぜ、地球は宇宙の中で「孤立状態」なのか?
  • どうすれば、それに終止符を打つことができるのか?

プレアデス星人は、そんな問いかけに明確な答えを与えてくれます。

4.光速の壁を超えて 

『光速の壁を超えて』は、南アフリカの女性エリザベス・クラーラーによる1980年出版の自叙伝です。

彼女は、プロキシマ・ケンタウリの惑星メトンからやって来た天体物理学者エイコンとの衝撃の体験を描きました。

翻訳は、スピリチュアル業界では有名なケイ・ミズモリ氏です。

ミズモリ氏は、この本を読んだ1990年代に「なんとしても日本で出版したい」と考え、それから20年の歳月をかけ、遺族を説得しました。

そして、2016年…ようやく日本での翻訳出版にこぎつけたのです!

《宇宙人エイコン》の子供を産み、メトン星で4か月の時を過ごしたエリザベス・クラーラーの衝撃の体験。

多くの目撃者がいて、テレビ、新聞はおろかイギリス、南アフリカ、ロシアの軍隊をも動かしたエイコンのUFO。

グレードアップした惑星から地球にもたらされた《銀河の重大な真実》とは! ?

30年の時を超えて、今よみがえる驚愕のメッセージ!!

  •  地球の人々は、宇宙エネルギーを破壊的な目的で利用している
  • 人類が優先すべきこと、それは「調和」である
  • 人類は皆、光の創造物である
  • 「重力」とは宇宙嵐、あるいは銀河の中心部からの圧力のことだった。
  •  進化した宇宙船は電気エネルギーを無限に取り出すことができる。もはや宇宙船の推進力に化石燃料は必要ない。

…など、貴重な情報が満載です。

Miracle Dice

宇宙船の原理は、一度読んだだけでは理解するのがムツカシイです。

何度も読み返し、理解を深めてゆくべき良書です。

5.金星人オムネクの答え

こちらは、金星人オムネク・オネクと読者との「Q&A」がまとめられている本です。

オムネクさんは、「アストラル界の金星」から「物理的な肉体」へとバイブレーションを落とし、地球に移住された方です。

私はアセンションした惑星からきた―金星人オムネク・オネクのメッセージ」という衝撃の本を、2008年に出版されています。

  • アストラル世界では誰もが心を通わせ合っている
  • 地球を訪れている宇宙人たちの見分け方
  • テレパシー能力は地球人にも備わっている
  • 地球の大衆をコントロールしようとする勢力

…などなど、驚愕のスピリチュアル情報が読みやすくまとめられています。

6.すべては宇宙の采配

ご存じ、「奇跡のリンゴ」で有名な、木村秋則さんの本です。

この中で、木村氏は「UFOに乗せられ宇宙人と話した」ことを告白しています。

そして、宇宙人から「地球のカレンダーが終わるまで、それほど時間がない」ことを知らされます。

一つおもしろいことがあります。

UFOに乗せられた体験を持つ、ある外国の女性が、

「その時、メガネをかけた東洋人が一緒に乗っていた」

…と証言したらしいのです。

これ、木村さんの風貌と一致しますね(;^ω^)

Miracle Dice

この本には、「臨死体験」や「龍神」など、不思議な話が書かれています。

でも、メインは「無農薬リンゴ栽培」に命をかけた一人の男の話。

感動しますよ。

まとめ

今回は、宇宙人?スピリチュアル?地球人が目覚める「オススメの本」についてご紹介しました。

私は、宇宙人の存在を信じてます。

「きっといるはず」と、子供の頃から思ってました。

彼らは、地球人が目覚めるのを、じっと見守ってくれているのでしょう。

ですが、必要以上の手助けはしてくれません。

地球のことは、私たち地球人の手で何とかしなければならないのです。

不思議な子

まずは、私たち一人一人が、

この世界のウソから目覚めることですよね。