久々に、引き寄せ関連の話をします。

よく「人を呪わば穴二つ」と言われますよね?

これは、人を呪えば「相手が落ちる穴」だけでなく、「自分が落ちる穴」も作ってしまうことを表しています。

逆に、

人(相手)の幸せを願えば、自分にも幸せが訪れる

…ということも、よく言われます。

なぜ、そのような事が起きるのでしょうか?

そこには、いったい、どんな「法則」が働いているのでしょうか?

現実は「波動」によって作られる!

私たちが生きている世界は「波動」でできています。

波動とは「スピリチュアルな振動」です。

それは、私たちの人生の中に色々な現実を作り出す「周波数」です。

現実は「波動=周波数」によって変わる

ラジオやTVも「周波数(チャンネル)」によって、色々な番組がありますよね?

たとえば、ハワイの音楽チャンネルなんかを聴いていると、とてもほのぼのとした気持ちになります。

逆に、アメリカのニュース番組なんかで、災害やテロの話ばかり聴いていると、暗い気持ちになってきます。

私たちは、ラジオやTVのチャンネルを視聴することによって、色々なことを「仮想体験」しています。

これと同じように、私たちの現実も「合わせるチャンネル」によって、変わってくるのです。

  • ポジティブなチャンネルに合わせれば「ポジティブな現実」が現れる。
  • ネガティブなチャンネルに合わせれば「ネガティブな現実」が現れる。

つまり、私たちの現実は、合わせるチャンネル=日々自分が作り出している波動によって変わってくるのです。




波動の世界に「自分だけの幸せ」は存在しない

ところで、波動というものは、あまり「自分・他人」の区別を持っていません。

波動とは、自分と他人を境目なく包み込んでしまう「広範囲の振動」です。

それは、まるで「お天気」のようなものです。

ですので、相手のところには日光が当たらないのに、自分のところだけは日光が当たる・・・というような、差別はありません。

そういうわけですから「相手の不幸を願いながら、自分だけは幸せになる」などということはできないのです。

相手の不幸を願えば、自分も同じように不幸になってゆく

…それが「波動の法則」です。

他人を援助してあげる人は、お金に困らない

たとえば、人に気持ちよくお金を援助してあげられる人は、必ず自分もお金に困らなくなります。

なぜなら、波動には、他人と自分の区別がありません。

ですので、他人を金銭的に助けてあげれば、自分も「金銭的な助け」に包まれるのです。

他人にケチっておいて、自分だけ豊かになることは、「波動の世界」では不可能なのです。

他人の幸せを願う人は、自分も愛に包まれる

「恋愛」でも同じです。

他人の幸せを願う人は、自分も愛に包まれ、幸せになります。

逆に、相手を憎んだり、嫉妬したりすれば、自分も憎まれたり、嫉妬されたりします。

誰かを憎んでいながら、自分だけ愛に恵まれるということは不可能なのです。

他人を許す人は、自分も良い人間関係に包まれる

「人間関係」でも同じです。

他人を理解し、許すことができる人は、自分も許されます。

ですので、いつも「安らかな人間関係」に包まれるのです。

逆に、他人を裁いてばかりいる人は、自分も裁かれ、人間関係がギスギスしてきます。

他人を裁く心を持ちながら、「安らかな人間関係」を作ることはできないのです。

自分が発した波は、そのまま「自分を包み込む波」になる

基本的に、波動の世界には、自分や他人などの「分け隔て」や「個別性」はありません。

相手に対して願ったことは、そのまま自分に対する願いになります。

「自分が発した波は、そのまま自分を包み込む波になる」のです。

ですので、

  • 「人を呪えば自分にも災いが降りかかる」
  • 「人を幸せにすれば、自分にも幸せが訪れる」

・・・こういうことが、起こってくるのです。

先祖の幸せを願い、幸運が訪れた…体験談

知り合いの体験をご紹介します。

Aさんは、先祖の墓参りなど、ほとんどしない人でした。

自分の「目先の生活」のことばかり考えていたそうです。

でも、ある占いがきっかけで「先祖にも安心してもらいたい、あの世で幸せに過ごしてもらいたい」と思うようになったそうです。

それから、Aさんは、ことあるごとに、先祖に感謝し、心をこめて祈るようになりました。

すると、なぜか、色々なところから「金銭援助」をいただけるようになり、お金が貯まりだしたそうです。

今までは、お金の余裕がなく、お墓参りにゆく新幹線代の捻出すらムツカシかったAさん…。

しかし、先祖の幸せを祈るようになってからは、家族旅行をかねて、ゆっくり墓参りできるほど「経済状況」が激変したそうです。

Miracle Dice

他の幸せを願うことによって、自分も幸せになった・・・そんな好例ですね。

波動の世界では、すべてが連動している

自分が発した波は、そのまま自分を包み込む波になります。

…そういうわけですから、「自分が発する波動」には気をつけなければなりません。

憎しみ、嫉妬、悪意などは、自分自身も不幸にしてしまいます。

波動の世界には、「自他の区別」はありません。

  • 他人を好きになれば、自分も好かれる
  • 他人の幸せは、即、自分の幸せ
  • 世界が良くなれば、自分も良くなる

・・・すべては、連動しているのです。

自分の波動を良いものに保とう!

「自分が発した波は、そのまま自分を包み込む波になる」

これは「ハートたま」の待ち受け画像そのものです。

この画像は、

「自分の波動を、いつも良いものに保ってください。そうすれば、人生は、光輝くゴールドの波で満たされます。」

・・・というメッセージを含んでいるのです。

Miracle Dice

ご自身の波動をいつも高めておくために、幸運の待ち受け「ハートたま」も、使ってみてくださいね。

まとめ

今回は、「なぜ、人(相手)の幸せを願うと、自分も幸せを引き寄せるのか?」

…その法則を解説しました。

  1. 人生は「波動(スピリチュアルな振動)」によって作られている
  2. 波動の世界に「自分だけの幸せ」は存在しない
  3. 他人に対して発した願いは、自分自身をも包み込む
  4. だから、人の幸せを願えば、自分にも幸せが訪れる

…以上を覚えておいてくださいね。

他人に対して「良い思い」を発すれば、自分自身にも「幸せ」が引き寄せられてきます。

それだけではありません。

  • 動物や植物を愛する
  • 地球を大切にする
  • 正しいことを貫く

・・・などを、皆さんが実行すれば、この世界の波動は、どんどん良いものになってゆきます。

その結果、ある日、世界はガラリと変わることでしょう。