2020年はいったいどんな年になるのか?

私は、去年の5月に、占星術的な予測をしました。

  1. 今の世界に流されてゆく人、それを拒否して覚醒する人…その2つに分かれる。
  2. それは、2020年1月中旬に起きる「天体イベント」を境に、じわじわと広がってゆく。

実は、ミラクルダイスでも「2020年はどうなる?」を占ってあります。

今回は、その結果をお知らせします。

2020年はどうなる?

「2020年はどうなるか?」を、ミラクル・ダイス占いで占なった結果、

出現したキーワードは、

  • 議定書
  • 枝分かれする
  • 源平盛衰記(げんぺいせいすいき)
  • 盗人猛々しい

…でした。

2020年の「キーワード」読み解き

私は、このキーワードを以下のように読み解きました。

議定書(ぎていしょ)

「議定書」とは、外交上、取り決められる約束事です。

有名なものでは、京都議定書などがありますね。

2020年は、外国と「何か大きな取り決め」がされるかもしれません。

あるいは、今までに取り決められていたものが、大きな影響力を持ってくるとも読めます。

Miracle Dice

もしかしたら、「国防に関する取り決め」などが出てくる可能性もありますね。

また、単純に考えれば「国内での取り決めごと」が増えてくるとも読めます。

何か大きな影響力のある法律が、定められるのかもしれません。

枝分かれする

世界の流れは、枝分かれしてゆくことになるでしょう。

たとえば、国際間で何かを取り決めても、一つの流れにはならず、各国バラバラになる可能性があります。

政治においても、色々な派閥が各自の路線を主張し、まとまらないのでは?

私たち庶民も、「各自それぞれの生き方」に枝分かれしてゆくのでしょう。

Miracle Dice

バラバラに分断されるとも読めますね・・・

源平盛衰記(げんぺいせいすいき)

「源平盛衰記」とは、源氏と平家の戦い…その興亡の有り様を描いた本です。

世界でも日本でも、このような「2大勢力の争い」がピックアップされてくるかもしれませんね。

軍記物語ですので、戦争にも関係するキーワードです。

盗人猛々しい(ぬすっとたけだけしい)

「盗人猛々しい」とは、悪事を働いていながら、平然としている人のことです。

色々なことが決められてゆく中で、実は国益を盗むような策略があるのかもしれません。

今年は、そんな隠された悪事が、あぶり出されてくることを期待したいですね。

今年は、用心が必要な年!

特筆すべき点としては、

今まで(2016~2019年)、ダイスの目はすべて「ポジティブ」で出ていました。

しかし、今年は「フラット」で出たのです。

これは、

今までは、結果オーライで済んでいたが、今年はどう転ぶかわからない

…ということです。

ですので、2020年は用心が必要な年だと思います。

引き続き、災害などにも注意した方が良いです。

Miracle Dice

早くも、新型ウィルスが猛威をふるっていますので、心配ですね。

まとめ

…というわけで、

2020年の予測をまとめると、

  1. 国際間、または国内で、重要な取り決めがある。
  2. あるいは、今までの取り決めが、大きな影響力を及ぼすようになる。
  3. 「国防に関する取り決め」などが出て来る可能性もある。
  4. だが、政治、経済、人々の行動は、枝分かれしてゆき、まとまらない。
  5. 世界、または、日本で、「2大勢力の争い」がピックアップされてくる。
  6. 国益を盗むような策略がある可能性。
  7. これらすべては、今までと違い、結果オーライになるとは限らない。
  8. 災害にも引き続き注意すべき。

私は、こんな感じになるのではないか?と予測しています。

Miracle Dice

風水では、けっこう明るい年になると予測している人が多いようですね。

私もそう思いたいですが・・・

さて、今年はどうなるのでしょうか?

スポンサーリンク