秋田県「東湖八坂神社」からの続きです。

私たちは、8月19日、東湖八坂神社にお参りした後、道の駅「おおがた」に行くことにしました。

ところが、その途中、・・・まるで導かれるように「八龍神社」「大潟神社」を参拝することになりました。

 

秋田県「八龍神社」

八郎潟の周辺には、見渡す限り、田んぼが広がっています。

 

八郎潟はとても広い湖です。

かつては琵琶湖の次に広かったようですが、干拓によって狭められてしまったようです。

 

「八龍神社」です。

何となく行き着いてしまいました・・・。

 

「八龍神社」とは?

八郎潟の漁業者からの信仰があつい神社。
伝説の八郎太郎を「八龍権現」として祀ったらしいです。

八龍神に豊漁を感謝し、魚の霊を鎮めるための石碑があり、有形民族文化財に指定されています。
住所は、秋田県男鹿市船越です。

 

こちらは、狛犬君です。

・・・なんか、カワイイです。

「八郎太郎」の伝説

この地域には「八郎太郎」の伝説があります。

諸説あるようですが、簡単にまとめると以下のようになります。

  • 昔、十和田湖に八郎太郎という龍神が住んでいた。
  • しかし、南祖坊(なんそのぼう)という修行僧が現れ、八郎太郎は戦いに敗れた。
  • 八郎太郎は十和田湖を追い払われてしまった。
  • そこで、八郎太郎は川を堰き止め、八郎潟という大きな湖を作り、そこで暮らすようになった。
  • 一方、田沢湖には、辰子姫という女龍がいた。
  • 2人は恋仲になり、毎年冬は田沢湖で一緒に暮すようになった。
  • そのため、冬になっても田沢湖は凍らないが、八郎潟は凍ってしまうと言う。

 

大潟村百科事典「八郎太郎伝説」

八郎太郎=ヤマタノオロチ?

重要なのは、「八の数字を持った龍が退治され、追い払われてしまう」と言うストーリーです。

これが、青森、秋田、岩手の3県にまたがる伝説として残されていると言う事です。

江戸後期の紀行家である菅江真澄は、200年前に男鹿を旅しました。

菅江真澄は、「八郎太郎=ヤマタノオロチ」ではないか?と書いているようですが、私もそう思います。

もしそうであれば、なぜかヤマタノオロチ退治の神話が東北にも存在することになります。

この地では、ヤマタノオロチ退治の祭りもある

船越水道を挟んだ「東湖八坂神社」では、スサノオのヤマタノオロチ退治の神話を再現した祭りがあります。

それは千年も続けられています。

このことからも「八郎太郎=ヤマタノオロチ」ではないかと、私は感じています。

 

また、私が感じたところ、この祭りは、ヤマタノオロチを成敗しているようには思えませんでした。

疑問

疑問点を挙げておきます。

八郎太郎=ヤマタノオロチか?

八郎太郎伝説の中では、八郎太郎は8つの頭を持つ龍になったと書かれています。
八郎太郎とはヤマタノオロチの原型だったのではないでしょうか?

ヤマタノオロチの神話は、八郎太郎伝説が原型?

記紀(古事記・日本書記)には、スサノオのヤマタノオロチ退治の神話が書かれています。
これは「八郎太郎伝説」をもとに作られた可能性はないのでしょうか?

ヤマタノオロチは、本当に悪神だったのか?

八郎太郎は地元の人にとても慕われている龍神のようです。
ヤマタノオロチは、本当に記紀に書かれているような悪神だったのでしょうか?

剣の奉納

「八龍神社」に剣を奉納します。

 

Miracle DiceMiracle Dice

剣のエネルギーを奉納する。

大きな龍のモチーフが見える。

それが、大漁舟にドンと乗っていた。

勢いがあって、めでたい波動。

龍はこの地域の漁の安全や大漁をもたらす、まさに守護神のように思えた。

・・・「大潟神社」に続きます。