「スサノオ秘剣の旅」とは何か?

私の神剣にチャージされているスサノオノミコトのエネルギーを、各土地、各都市、各神社に降ろして行くミッションです。

初めからご覧になりたい方は・・・スサノオ秘剣の旅「石上布都魂神社」へどうぞ。

 

2017年の年始、私は秋田にいました。

秋田に来るのは3度目です。

今回は、スサノオのエネルギーを秋田市の神社に降ろして行きます。

 

秋田市の神社

彌高(いやたか)神社

秋田市の千秋公園(久保田城跡)にある神社です。

久保田城は、秋田藩主、佐竹義宣(さたけ よしのぶ)の居城です。

 

祭神

  • 平田篤胤(ひらたあつたね)
  • 佐藤信淵(さとう のぶひろ)

平田篤胤は江戸時代の宗教家です。

天狗や神隠しなど、目に見えない異世界のことなども研究していた、一風変わった学者です。

佐藤信淵は、秋田県出身の江戸時代の思想家のようです。

太平山三吉神社

太平山(たいへいざん)は日本の名山です。

多数の山頂が連なり、秋田市内からの眺望が大変に美しい山です。

また、太平山は修験道(しゅげんどう)の聖地として信仰されてきた霊峰です。

修験道とは、簡単に言うと、山で修行して霊力を得る修行です。

太平山三吉神社は、この太平山に奥宮を持つ神社です。

 

祭神

  • 大己貴大神(おおなむちのおおかみ)
  • 少彦名大神(すくなひこなのおおかみ)
  • 三吉霊神(みよしのおおかみ)

大己貴大神は、スサノオの娘婿である大国主命のことです。

また、三吉霊神は、秋田で生まれた守護神らしいです。力の神・勝負の神・勝利成功・事業繁栄の神さまと言われています。

しかし、絵を見ると、なんとなくスサノオに似ているような気がします。

 

総社神社

秋田市内の町中のはずれにある神社です。

樹齢100年以上の太いけやきが沢山生えており、ちょっとした自然公園のようです。

なんと、摂社が十九社もある広々とした神社です。

 

総社神社の狛犬です。

祭神

  • 大己貴大神(おおなむちのおおかみ)
  • 八重事代主神(やえことしろぬしのかみ)
  • 味鋤高彦根神(あじすきたかひこねのかみ)

秋田には、神剣のエネルギーがすんなり入った

今回は、この3つの神社に神剣のエネルギーを降ろしました。

ほとんど何の抵抗もなく、すんなり、スカッと入りました。

秋田の神社は、スサノオのエネルギーとかなり共鳴していると思いました。

共鳴と言うより、「ほとんど同じ」と言っていいような素朴なエネルギーを感じました。

お宝の波動出現!

場所はお知らせできませんが、今回、私は、倉稲魂神(うかのみたまのかみ)に関係する場所で神剣を振りました。

倉稲魂神は、スサノオの子で穀物の神です。

剣が入った際、覆いのようなものがサクッと斬れたと同時に、大量のお米や金色に光る財宝などがドッと流れ落ちて来ました。

こんな場所にお宝が眠っていたのか!といささか驚きましたが、その豊穣の波動を剣に吸収させていただきました。

男鹿半島

なまはげ伝説がある男鹿半島に行くのは2回目です。

本当は、なまはげの神社である「赤神神社」に行く予定でした。

しかし、夜になり、雪も降っており、タクシーの運転手さんに止められたため急遽予定を変更しました。

・・・男鹿半島にエネルギーを入れるための良い神社は近くにないだろうか?

結局、駅近くの「船川神明神社」に行くことにしました。

 

船川神明神社

この神社は、

  • 佐竹神社
  • 保量神社
  • 粟島神社

を合祀しています。

少し小高い山腹にあるので、男鹿全体を見下ろせる感じです。

 

だいぶ、暗くなってきました。

御祭神

  • 天照皇大神
  • 少彦名神
  • 八重事代主神

カラスは騒いだが、エネルギーはすんなり入る

この神社も、神刀を一閃すると、すんなりとエネルギーが入って行きました。

その数秒後、何十羽ものカラスが私の上空を飛び回りカアカアと騒ぎ出しました。

ゲゲゲの鬼太郎みたいだな?と思いました。

カラスはけっこうエネルギーの動きに敏感なのです。

東北の地は、大和朝廷に侵略され歴史は抹消された!?

その後、駅前のある商店に入ると、以下のような話を聞かされました。

「昔、男鹿はアイヌの人々が住む土地だった。しかし、大和朝廷に侵略されてしまった。」

その話を聞いて、私は、東北の問題とは、つまるところ、大和朝廷に侵略された「縄文東北人」の問題なのでは?と思いました。

東北には、荒吐神(あらはばきしん)の元、先住者が立派にこの地を治めていたと言う伝説があります。

現在、その歴史は抹消され、私たちの目に触れることはありません。

男鹿駅前での神剣

Miracle DiceMiracle Dice

東北は、元々、先住民族が守り治めてきた土地なのだ。

しかし、大和朝廷に侵略され、古来の神々は封印されてしまった。

今も続く「なまはげ」の民俗行事は、その封印された古来の民族神・古代神に関する祭りではないのか?

私は、雪の中、男鹿駅前で神剣を一閃しました。

なまはげの土地へ、深く深くエネルギーが浸透してゆきました。